~庭づくりとともに季節のリース作りを楽しんで~
「貝殻とチュールのサマーリース」の作り方
「貝殻とチュールのサマーリース」

貝殻リース

このリースをレッスンの見本で作ったのは
3年前



夏休みに入ってから
連日
「貝殻のリース」の記事にアクセスが多くてびっくり



たぶん、夏休みの工作で
貝殻のリースを作ろうと思ってらっしゃる方が多いのではないか?と
(違う?)

せっかく検索してきてくださっても

詳しい作り方とか全然書いてなくてガッカリだったりして!


レッスンに来られる方のための見本としてブログに載せてるので
詳しいリースの作り方についてはいつも触れてませんが

この貝殻のリース

自宅でも繰り返し何度も
カルチャーセンターでも2回も

うちに来て下さってる方々はみ~んな作ってくださった気がするので


作り方載せてみます♪


① 市販のリースを白い生地を細長くカットしたもので
   くるくる巻いていく(レースとかリボンでもオッケー)

貝殻リース

②  ラフな感じでオッケー
   茶色が見えても気にしない気にしない

貝殻リース


③   グルーガンで貝殻など貼り付けていく
    お子様が海で拾ってきたものなら夏休みの工作にピッタリ

    拾ってきたものじゃ貝殻足りなくなったーっという場合
    100均でも売ってます(キャンドウには売ってましたよ)

    (アッお教室で使った貝殻は100均のものではありませんyo)


貝殻リース

    貝殻を貼り付けてリースにするのは大きさや形がバラバラなので
    ちょっと難しいと思います
    
    でも気にしないで適当にリースに一周
    貝殻を埋めてみてください

貝殻リース


④  チュールを四角形に切ります


   今年チュールと普通の生地と2重になったスカート
   流行ってますが、あのスカートの上側のふわっとした生地です

   手芸屋さんの生地売り場でお安く売ってます

  
貝殻リース

    ピントが合わず見えずらくてごめんなさい
    四角形にカットしたチュールを
    先がとんがるように三角形に折ります


貝殻リース


    三角形に折ったチュールをグルーガンで
    リース全体にくっつけていきます
    貝殻を貼りつけた時点でまるくなくいびつな形のリースでも
    全体にチュールをふわっとつけるとまぁるくなります

    (チュールをつけるとき穴があいてるのでグルーガンで
     やけどしないように要注意です)


  ♡  白い生地を巻いているので
     全部貝殻を埋め尽くそうとしなくてもなんとなく
     それなりに埋まった感じがすること

  ♡  最後にチュールで隙間を埋めるので
     まるいリースに仕上がること

     簡単に出来るポイントです

     良ければお試しください

スポンサーサイト

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する